ダイエットコラム

くびれがないと悩んでいる方におすすめの3つの方法

キュッと引き締まったくびれは、女性の憧れでありダイエットをしてくびれを手に入れたいと頑張っている方は多いですよね。

しかし「いくら頑張ってもくびれがない…」「太っているわけじゃないけどくびれができない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ウエストのくびれは女性らしさの象徴なので、くびれがないとウエストラインがはっきり出るような女性らしいファッションを楽しむことがでません。

モデルさんや女優さんのようなくびれを手に入れるためには、どうしたら良いのでしょうか?

この記事では、くびれがない原因とくびれをなくすNG習慣、くびれを作る3つの方法をご紹介します。

くびれがない!と悩んでいる方は、是非参考にしてみて下さいね。

くびれがない原因

くびれ

前から見たときも、横から見たときも美しいくびれがあると、ウエストラインがしっかり出るようなファッションも楽しめます。

しかし、くびれがない方は女性らしいファッションを楽しむこともできず、ウエストラインを隠すような服を選んでしまい、ファッションの幅も狭くなってしまいます。

くびれがないと悩む方には、くびれがない原因があります。まずは、くびれがない原因をご紹介します。

骨格

くびれは肋骨と骨盤の間にできますが、この肋骨と骨盤の間が狭い方はくびれができにくいと言われています。

くびれがある方の肋骨と骨盤の間には、指が4本入るくらいの間隔が開いています。ウエストに手を置いて、骨が当たらない場所に指が何本入るか確認してみましょう。

以下の方は遺伝的にくびれやすいと言われています。

  • 高身長
  • 胴が長い
  • 肋骨が上側にある
  • 骨盤が下がっている

肋骨と骨盤の間が生まれつき広いという方は、くびれができやすく、逆に肋骨と骨盤の間が狭い方はくびれができにくい骨格だということになります。

運動不足・筋力不足

普段から運動をする習慣がないという方や、もともと筋肉量が少ないという方もくびれができにくい体と言えます。

お腹部分は臓器が集中しているため、他の部分に比べて脂肪がつきやすいので、運動不足や筋力不足によって体に脂肪がつきやすくなっている状態の方は、お腹周りに脂肪がついてしまいくびれができないという状態です。

くびれに必要な筋肉は腹斜筋、腹横筋、広背筋の3つの筋肉です。この筋肉が鍛えられている方とそうでない方では、くびれのあるなしに大きく関係してきます。

筋力は加齢とともに衰えていきます。放置することで筋力はどんどん弱くなり、くびれが徐々に失われていってしまいます。

骨盤の歪み

骨盤が歪んでいると、腰回りに余計な脂肪がつきやすくなったり、筋肉の付き方にばらつきが出てしまいます。

また、骨盤が歪んでいることで腹筋が本来の働きをしなくなってしまうので、お腹や腰回りに脂肪がつきやすくなります。

さらに、骨盤の下部分にある骨盤底筋群は、内臓をハンモックのように支えています。この骨盤底筋群は腹筋と連動しているため、骨盤底筋群を鍛えることで腹筋への刺激になります。

くびれをなくすNG習慣

くびれ

くびれがないと悩んでいる方は、毎日の習慣の中にくびれをなくしてしまうNGな姿勢や習慣を取り入れてしまっている可能性もあります。

次にご紹介するのは、くびれをなくすNG習慣です。

猫背が癖になっている

猫背が癖になってしまっている方は、骨盤の位置を後傾させてしまっているので、そのせいで腹筋が弱くなるとともに、内臓の位置がずれてウエスト周りをたるませてしまっています。

また、猫背姿勢だと、肋骨が本来ある位置よりも下に下がってきてしまうため、肋骨と骨盤の間が狭くなってしまいます。

立っているときも座っているときも猫背が癖になっているという方は、まずは猫背を直すことから始めましょう。

猫背が癖になっていることで、二重アゴや胸の垂れ、肩こりなどを引き起こすこともあるため、猫背はくびれをなくす以外にもさまざまな症状を引き起こしてしまう可能性があります。

内臓を冷やしている

冷たい飲み物や食べ物ばかり過剰に摂取することは、内臓を冷やすことに繋がります。内臓を冷やしてしまうと、代謝が低下しお腹に脂肪がつきやすくなるのです。

冷たいジュースやコーヒーの摂取、アイスを好んで食べるという方は注意が必要です。冷たい飲み物や食べ物ではなく、常温の水や温かいスープなどを飲食の際は選ぶようにしましょう。

さらに、湯舟に浸かる習慣がなくシャワーだけで済ませてしまうという方も、内臓を冷やす行動をしてしまっています。

湯舟に浸かることで、体を内臓から温めることができるので、しっかり湯舟に浸かって内臓を温め、腸の動きを活発にすることが重要です。

くびれを作る3つの方法

くびれ

骨格がくびれができにくい骨格だという方でも、くびれができないNG習慣を見直していくことでくびれを手に入れることができます。

ここからは、くびれを作る3つの方法をご紹介します。

くびれ骨盤ガードルを履く

「くびれ骨盤ガードル」は、人体工学に着目した3つの機能によって骨盤周りをしっかりサポートすることができるガードルです。

【3つの機能】

  • 姿勢サポート
  • あったかサポート
  • めぐりサポート

日常生活で歪みがちな姿勢を美しくサポートし、全方位からしっかり骨盤を支えるので正しい形をキープすることができます。

着用して過ごすことで、日々の生活が温活になるというあったかサポートで、着用部の温度を上昇させて冷えのケアが叶います。さらに適度な着圧で履いて歩くだけで消費カロリーがUPします。

ウエスト6hPa、ヒップ27hPa、太もも10hPaの適度な締め付けで、体内のめぐりをサポートしてむくみを防止します。部位ごとに適した加圧具合を人体工学に基づいて計算しているので、しっかり加圧することで理想の体型をキープします。

ボトムスの下に履いても周りにバレない薄さで、シームレスの縫い目でラインが浮き出る心配もありません。

体にピタッとフィットするのに驚く程伸びる生地で、履いていることを忘れてしまう程の伸縮性が魅力。

履くだけでウエスト-10㎝、ヒップアップ5㎝、太もも-5㎝の効果がある、くびれ骨盤ガードルを履けば、憧れのくびれを簡単に手に入れることができます。

深い呼吸を心掛ける

呼吸を深い呼吸にするだけで、エネルギー消費量がアップして、くびれを作ることができます。人は1日に約2万回の呼吸をしていると言われています。その2万回のうちの少しでも良いので、深い呼吸を心掛けてみましょう。

集中しているときは特に呼吸が浅くなってしまうことが多いのですが、普段の生活の中で深い呼吸を意識すると脂肪が燃えやすく、日常の動作の中で脂肪を燃やせるようになります。

ウエストのくびれを作るには、以下のような呼吸を意識しましょう。

  1. 口から息を吐ききる
  2. 鼻から息を吸う
  3. 口から息を吐く
  4. 2~3を10回繰り返す

体の中の空気を全て外に出すように口から息を吐ききり、そのあと肺に空気を入れるように意識しながら鼻から息を吸い、内臓を上に持ち上げます。

その後肋骨を寄せながら、お腹を薄くするように意識して口から息を吐いていきます。

エクササイズを取り入れる

くびれを作るエクササイズを取り入れるのも効果的です。くびれ作りに特化したエクササイズで、魅力的な腰回りを手に入れましょう。

体側を伸ばすエクササイズ

  1. 両膝をついて立つ
  2. 右足だけ立ち膝のまま、左足を左側に真っ直ぐ伸ばす
  3. 右手を床に置いて体を支える
  4. 左腕を頭の方に伸ばして左の体側を伸ばす

この動作を左右それぞれ10秒ずつ行います。お腹の中心に力を入れて、肋骨と骨盤を引き離すようにイメージしましょう。

腹斜筋を鍛えるエクササイズ

  1. 仰向けに寝る
  2. 両手を頭の後ろで組み、両膝を立てる
  3. 体を斜めにひねりながら上半身を起こして、右ひじと左膝を近づけてタッチする
  4. ゆっくり元の体勢に戻る
  5. 反対側も同じように左ひじと右膝をタッチする

左右交互に10回×3セットを行いましょう。反動で体を起こすのではなく、腹斜筋をしっかり意識して行いましょう。

骨盤歩き

  1. 脚を伸ばして上半身を起こして床に座る
  2. 腕を振りながらお尻だけで前に進む
  3. 一定距離進んだら後ろに戻る

骨盤歩きは骨盤矯正に役立つエクササイズです。進むときは背中が丸まらないように注意しましょう。くびれ作りはもちろん、ヒップアップにも効果的で、TVを見ながらや空いた時間に手軽に行うことができるエクササイズです。

まとめ

くびれがない原因とくびれをなくすNG習慣、くびれを作る3つの方法をご紹介しましたが、参考になりましたか?

くびれがない原因は骨格、運動不足や筋力不足、骨盤の歪みですが、くびれをなくすNG習慣をやめて、くびれを作る方法を試すことで憧れのウエスト周りを手に入れることができます。

記事中でもご紹介した「くびれ骨盤ガードル」は、履くだけで骨盤をサポートして脂肪を燃焼させる効果のある手軽に取り入れられる方法です。

タイトなボトムスもスッキリ着こなすことができ、食事制限や運動に失敗してしまってダイエットに取り組めていないという方にもピッタリの方法です。

姿勢をサポートして脂肪を燃焼させ、適度な締め付けでむくみも解消することができます。

伸縮性にも優れているため、着脱はストレスフリーでトイレでイライラするようなこともありません。

履いていることを忘れるほどの薄さで、タイトなボトムスの下に履いても暑くて脱ぎたくなるというようなこともなく、快適に過ごすことができます。

洗濯ネットに入れれば洗濯機でも洗濯することができるのも嬉しいポイントです。

30日間全額返金保証制度で、着用して効果を感じることができなかったら商品代金を全額返金してくれるという、商品に自信があるからこそできるサービスもあります。

くびれができないと悩んでいる方は「くびれ骨盤ガードル」を履いて記事内でご紹介した呼吸法やエクササイズを試してみて下さいね。

-ダイエットコラム
-

© 2021 みんなの着圧.com Powered by AFFINGER5